爪を長くきれいに伸ばすために

梅田で人気のネイルサロンで聞きましたが、爪をきれいに伸ばすためには家で気をつけることが大事らしいです!

 

まずは爪の役割から!

爪は皮ふが硬くなってできた指を保護する部位です。手と足のそれぞれの指先を保護

していて、爪があることで細かい作業をすることが可能です。

なので、深爪気味の時は力が入りづらかったり、痛みを伴うこともあるのがそれが要因なのです!

ただ、爪を伸ばしすぎると引っかかりやすくなり、爪と指の皮膚が剥がれやすくなります。(剥離)

そうなると出血したり、水がしみたりするので、伸ばしている時も扱いには気をつけることが大事です。

 

次に爪のケア!

爪が伸びれば伸びるほど、先端にかかる抵抗が大きくなります。

テコの原理で学びましたが、支点と作用点の距離が伸びていくイメージです。

水に濡れたり乾燥している時は爪が弱っているので、特に注意しながらマニキュアやコーティング剤(強化コート)などをするのが懸命です。

ネイルオイルを塗るときにキューティクル周りだけでなく、爪と皮膚が接している部分にも塗ることが必要なので、意外と知られていない知識です!

 

まとめ!

スカルプネイルが少なくなり、マニキュアに近いジェルが開はつされ、ナチュラル思考になっていっている近年、爪が健康で安全な対策が必要となってきています。

指先の綺麗を保つため、日常生活に支障が出ないように爪周りのケアは怠らないようにしましょう!