過度のストレスは肌あれを起こしやすくする元に!!!

現代人は常にストレスと隣り合わせですが、適度なストレスは実はさほど悪いことではありません。良くないのはストレスを溜め込み過ぎること、さすがに過度のストレスがかかると心身の状態を乱すことがありますし、ストレスがかかりすぎるのは肌荒れの元です!!!!

人間の心と肉体は全く別物ではなく、目には見えないけれども明らかに直結をしています。状況を認識するのは脳ですが、脳は全身への影響も与えていますし、体内の免疫機能や細胞などは脳の影響をそのまま受けているようなものです。脳で感じたことは脳内だけのことに留まることはなく、体内のあらゆる細胞組織を通じて、また免疫系や神経系などを介して肌に出てきます!!!

心と体は見えないネットワークでつながっているため、肌で受けた情報を元にあらゆる機能をもたらしていて、ストレスがかかりすぎると出てくるのは肌の不調です。皮膚の新陳代謝が低下するのでバリア機能は弱くなり、肌荒れを起こしやすくなります。肌を美しく健やかに保つためにも、過度のストレスは抱え込まないこと、こまめに発散することです!!!