肌荒れを気にするなら口呼吸をやめること!!!

美容は肌の外から補うことばかりに意識がいきやすいですが、肌荒れが続くようならば普段の呼吸にも関心を持つことです。ニキビひとつない肌を維持するためにも気を付けたいのは、口呼吸をしないようにすることであり、続けているとドライマウスのようになってしまいます!!!

口腔内の健康状態にも乾燥は禁物であり、乾いた状態が続くとお口の中の免疫は下がる一方です。乾いた状態で免疫も弱くなることで、顔の肌には吹き出物ができやすくなります。呼吸は口からではなく鼻からゆっくりと息を吸うこと、そのうえで吐き出すのは口からです!!!

口呼吸で浅い呼吸をするのをやめて、しばらくは自分で意識して深呼吸を行い、それを習慣にしてしまえば口呼吸からも解放されます。呼吸が深いと体の緊張がほぐれやすくなりますし、心までゆったりとした気持ちになるので、心と体の乱れを整えるのにも良い方法です!!!

深呼吸を習慣にすると体内の血流の流れが順調になり、女性が憧れる小顔効果にもつながります!!!!